豊胸で思い通りの人生を|胸を張って歩けるように

女医

美しい目元を手軽に実現

目

メスを使わず二重を作る

ぱっちりとした目元は多くの人にとっての憧れですが、その基本となるのが二重まぶたです。人工的に二重まぶたを作る技術としては美容クリニックで治療してもらうのが最も確実ですが、一般的な治療法では目元にメスを入れることになるため、施術を躊躇する人も少なくありません。そのため最近ではテープなどのメイクグッズを使って簡単に二重まぶたを作る方法が普及しています。ところが最近、美容整形術でありながらメイクをするのに近い感覚で手軽に二重まぶたが作れる方法が人気を呼んでいます。それが、埋没法です。埋没法は針と糸だけを使って行う治療法です。メスを使う場合に比べて身体への負担が軽いという特徴があります。また、費用も割安です。

ダウンタイムも短くて済む

埋没法はまぶたの皮膚を折りたたんで襞を作り、糸で留めるという二重まぶた形成法です。治療時間は10〜20分と短く、ダウンタイムも2〜3日ほどです。5日もすれば完全に普通の生活が送れるようになり、抜糸の必要もありません。この手軽さが、高い人気の理由となっています。肌に糸を掛けるのであればその糸が目立ってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、その心配は必要ありません。糸はまぶたの裏側から通して留めるので、表側から見えることはありません。ごくまれに、皮膚が薄い人だと裏から透けて見えてしまうおそれがありますが、その場合は事前に医師と相談して埋没法以外の治療法を選ぶようにします。糸を留める個所や点数は調整が可能です。一般に、点数を増やすことで効果は長持ちします。